TOPページとっとり自然環境館についてとっとり次世代エネルギーパークについて
アクセス団体見学ご予約状況カレンダーメールで見学お申し込みイベント参加へのお申し込み
鳥取県では、「とっとり自然環境館」を中核施設として、県内各所に多数導入されている再生可能エネルギー施設やその関連施設と連携し、県域全体を「一つのエネルギーパーク」と位置付けました。
「とっとり次世代エネルギーパーク」は、太陽光、風力、水力、バイオマス、雪氷熱など多種多様なエネルギー施設で構成されている、全国でも数少ないエネルギーパークです。
再生可能エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーに、実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて地球環境と調和した将来のエネルギーの在り方に関する理解の増進を図る計画を、経済産業省が認定するものです。

鳥取県には、日本最大級のメガソーラー、雪氷熱利用など他の地域ではみられない先導的な施設やその他多種多様な再生可能エネルギー施設が、県域全体に導入されています。まさに再生可能エネルギーの「宝庫」です。

ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク

袋川発電所

北条砂丘風力発電所

鳥取県最大の資源である豊かな自然が生み出す多種多様な再生可能エネルギーの恩恵を県民自らも認識するとともに、これらを活かして地域の活性化を図る。
再生可能エネルギーの導入推進による地域温暖化対策やエネルギーの地産地消を進めるとともに、導入地域との協働による環境教育や環境配慮活動を推進する。
再生可能エネルギー施設と観光資源の連携による観光関連産業の振興を図る。
エネルギーパークの拠点として、再生可能エネルギーや環境保全活動に関する情報の発信、エネルギー関連施設の紹介や案内などを行います。
再生可能エネルギーを利用した大規模な発電所や雪室システム等の地域の特性を活用した設備などを次世代のエネルギー社会を想起させる先導的なエネルギー施設として位置づけ、各種システム概要やその効果などを学習し、見て触れることによって効果的に再生可能エネルギーの普及啓発を進めます。
従来から導入されている水力発電の他、木質チップやペレットのボイラーなどの地産地消のエネルギー等、生活に身近なエネルギーの活用方法等を紹介し、地球環境問題などについても学習して、ライフスタイルの転換などの普及啓発を行います。

とっとりWebマップ(鳥取県地理情報公開システム)で確認する